【家庭用脱毛器はVIOに効果ある?】効果ない?サロンと比較

シースリーの口コミ・評判 脱毛

VIO脱毛におすすめの家庭用脱毛器の選び方3つのポイント

家庭用脱毛器はVIOに効果

VIO(デリケートゾーン)脱毛におすすめの家庭用脱毛器の選び方のポイントが3つあります。

  1. デリケートゾーン脱毛におすすめの自宅用脱毛器の選び方1・VIO脱毛可能の機種を選ぶ
  2. デリケートゾーン脱毛におすすめの自宅用脱毛器の選び方選び方2・細かく照射レベルを設定できる機種を選ぶ
  3. デリケートゾーン脱毛におすすめの自宅用脱毛器の選び方選び方3・清潔でコスパが良いカートリッジ交換式の機種を選ぶ

デリケートゾーン脱毛に適した家庭用脱毛器を選ぶことで正しく脱毛をしていくことができます。

正しく脱毛をすることで、高い脱毛結果を得ることができてくるのです。

デリケートゾーンを脱毛する際、まずはどの自宅用脱毛器で脱毛をしていくのかとても大事なポイントなのでしっかり把握しておきましょう。

選び方1・VIO脱毛可能の機種を選ぶ

デリケートゾーン脱毛におすすめの自宅用脱毛器の選び方のポイントは3つ。

デリケートゾーン脱毛におすすめの自宅用脱毛器の選び方のポイント1つ目は「デリケートゾーン脱毛可能の機種を選ぶ」です。

当たり前なのですが、とても大事なことです。

自宅用脱毛器がすべてデリケートゾーンに対応しているわけではなかったんです。

なかにはデリケートゾーンに対応していない自宅用脱毛器もあるので、脱毛器を選ぶ際には注意が必要です。

「デリケートゾーン対応」とかいてあるはずなので確認は簡単です。

いくら照射パワーが強くても、パワーの段階が多くても、人気の自宅用脱毛器であってもデリケートゾーン対応でないと使えません。

デリケートゾーンはとても繊細な部位です。

デリケートゾーン対応でないにもかかわらず、VIOの照射をしてしまってやけどや怪我をしてしまっても自己責任です。

「大丈夫だろう」と軽い気持ちで絶対に選ばないでください。

選び方2・細かく照射レベルを設定できる機種を選ぶ

デリケートゾーン脱毛におすすめの自宅用脱毛器の選び方のポイント2つ目は「細かく照射レベルを設定できる機種を選ぶ」です。

脱毛クリニックやサロンで脱毛を受けるさいにはスタッフが部位によってこまめに照射パワーを調整してくれているはずです。

ただ、自宅で脱毛器を使うとなれば自分で調整して脱毛をするしかありません。

自分で実際に照射しながら調整をすることが必要になるのですが、あまりにもパワーの設定が少ない自宅用脱毛器はデリケートゾーンを脱毛するには向いていません。

デリケートゾーンは他の部位に比べて皮膚が薄く人によっては痛みも強く感じる部分です。

そのため、パワー設定が細かく設定できる脱毛機だと調整も細かくでき負担を少なく脱毛をすることができます。

パワー設定があまりできず痛みを堪えながら脱毛してしまうとやけどなども危険性もあります。

細かく設定できる脱毛機だと5~10段階くらいの設定が可能です。

選び方3・清潔でコスパが良いカートリッジ交換式の機種を選ぶ

デリケートゾーン脱毛におすすめの自宅用脱毛器の選び方のポイント3つ目は「清潔でコスパが良いカートリッジ交換式の機種を選ぶ」です。

自宅用脱毛器にはカートリッジ交換式と本体交換式の2種類の脱毛器があります。

カートリッジ交換式とは設定されている照射回数に達するとカートリッジを交換することで継続的に使うことができます。

本体交換式はカートリッジがないため、設定されている照射回数を打ち終えると本体ごと交換する必要があります。

コスパ的に考えるとカートリッジ式のほうが良いと考えられています。

ただし、最近の自宅用脱毛器は本体交換式でもかなりの照射回数を打てる脱毛器が多くあります。

照射回数が多い自宅用脱毛器

  • SMOOTHSKIN pure fit:100万回(約19年分)
  • ケノン:最大パワーで50万発
  • 脱毛ラボホームエディション:30万回発

きちんと管理すると衛生的にも大きな問題はないでしょうが、衛生面がどうしても気になる方はカートリッジ交換式を選ぶといいでしょう。

家庭用脱毛器で効果的にVIO脱毛する方法

家庭用脱毛器はVIOに効果

自宅用脱毛器で効果的にVIO(デリケートゾーン)脱毛する方法を5つ紹介していきます。

  1. 好きなデザインを決めましょう
  2. 事前に自己処理を行いましょう
  3. 出力レベルは段階的に上げましょう
  4. 照射前後はしっかり冷却しましょう
  5. 照射後はしっかり保湿をしましょう

デリケートゾーンはすごく繊細な部分なので適当に脱毛をしてしまうと肌トラブルなどを起こしてしまう可能性もあります。

自宅で脱毛をするということは自分一人で照射をしていくことになります。

何かあった際にすぐに処置をすることができません。

もちろん、各自宅用脱毛器が危険であるというわけではありません。

正しい使い方をしたら問題はありません。

使い方をしっかり守って、効果的に脱毛をしていきましょう。

好きなデザインを決めましょう

家庭用脱毛器で効果的にデリケートゾーン脱毛する方法としてポイントが5つあります。

自宅用脱毛器で効果的にデリケートゾーン脱毛する方法の1つ目は好きなデザインを決めることです。

事前にデザインを決めておくことで、実際に自宅用脱毛器で脱毛をする際に迷うことなく照射することができキレイに脱毛をすることができます。

一般的なデザイン(形)は

  • 逆三角形
  • 細三角形
  • スクエア型
  • 逆タマゴ型
  • I型
  • 全処理

などがあります。

好みのデザインは人それぞれです。

デザインを決めないまま脱毛をしてしまうと目指すゴールがないためなにが正解なのかわかりません。

デリケートゾーンは全処理する以外にも毛を残すこともありなので、事前にデザインを決めて脱毛をすることをおすすめします。

事前に自己処理を行いましょう

自宅用脱毛器で効果的にデリケートゾーン脱毛する方法の2つ目は事前に自己処理をしておくことです。

脱毛機で脱毛する場合にムダ毛や長い毛があるとやけどの原因になります。

また、脱毛効果も薄れてしまうので可能な限り自己処理をした上で脱毛機で照射をしましょう。

デリケートゾーンの場合、ほかの部位に比べ自己処理が難しい箇所でもあります。

電気シェーバーやハサミを使い処理をします。

自己処理の方法として、T字カミソリや、毛抜き・除毛クリーム・ブラジリアンワックスといった方法もありますがデリケートゾーンの場合はあまり良くありません。

皮膚が薄く敏感な部分ですので刺激の少ない方法で自己処理をしましょう。

ハサミも危ない場合があるので、鼻毛用ハサミなど先端が丸みを帯びたものがいいでしょう。

出力レベルは段階的に上げましょう

自宅用脱毛器で効果的にデリケートゾーン脱毛する方法の3つ目は出力レベルを段階的に上げるです。

デリケートゾーンは脱毛部位のなかでもとくに痛みが強いと感じやすい場所です。

また、痛みと同時に熱さを感じてしまう人も多いでしょう。

その理由としては他の部位に比べて皮膚が薄かったり、敏感な部位のためです。

そのため、あまり痛みや熱さを感じないためには自宅用脱毛器の出力レベルは最小からスタートしましょう。

最小からスタートして、痛みや熱さを感じないようでしたら徐々に照射レベルを段階的に上げていってみて下さい。

いきなり強い出力レベルで脱毛をしてしまうと痛みや熱さを感じてしまい、やけどや炎症につながる可能性もあります。

これはどの自宅用脱毛器を販売している会社も同じように言っていることではないでしょうか。

照射前後はしっかり冷却しましょう

自宅用脱毛器で効果的にデリケートゾーン脱毛する方法の4つ目は照射前後はしっかり冷却するです。

タオルで包んだ保冷剤や冷却ジェル・冷却ガスなどで冷却することができます。

自宅用脱毛器による照射の痛みを軽くしたり、炎症などの肌トラブルを予防するために照射前に照射する部位をしっかり冷却しましょう。

なかには冷却クーリング機能がついている自宅用脱毛器(脱毛タボの脱毛ラボホームエディション)もあります。

こういった機能がついている自宅用脱毛器だと簡単に冷却ができて、照射することもできます。

どういった方法でもとくに決まりはありませんが、デリケートゾーンはとくに繊細な部分ですので照射後のことも考えてしっかり予防をしながら脱毛することが大事です。

照射後はしっかり保湿をしましょう

自宅用脱毛器で効果的にデリケートゾーン脱毛する方法の5つ目は照射後はしっかり保湿をするです。

照射後は肌の水分がなくなっています。

そのため、照射後はしっかりと保湿をすることが必要です。

市販のボディクリームやローションで照射部位にしっかり塗っておくことで肌トラブル予防につながります。

ポイントとしてはこすらずに優しくなじませるように。

油分の多いクリームやオイルは肌の負担になる可能性もあるので避けましょう。

保湿をせずにいると肌から水分がなくなった状態のまま放置することになるので、乾燥やかゆみ・ヒリヒリしたような痛みがでてきてしまう場合もあります。

デリケートゾーンはとくに肌が敏感な箇所なので照射後は丁寧な保湿を心がけて下さい。

家庭用脱毛器でVIO脱毛をする時の注意点・コツ

家庭用脱毛器はVIOに効果

ここでは家庭用脱毛器でVIO(デリケートゾーン)脱毛をする時の注意点・コツを紹介していきます。

デリケートゾーン脱毛をする時の注意点・コツは5つ。

注意点・コツを抑えながら自宅でデリケートゾーンの脱毛をしていきましょう。

  • 照射パワーは高出力の方が効果的/段階的に出力レベルをあげて照射をしていく
  • 粘膜部分への照射は避ける
  • 最初の数回は全体的に照射をしていく
  • 照射しない部位は布や古い下着などで覆いながら照射していく
  • 生理など体調が不安定な時は脱毛を避ける

デリケートゾーンはすごく繊細な部分です。

そのため他の部位よりも慎重に脱毛を進めていきましょう。

高出力の方が効果的/段階的に出力レベルをあげていきましょう

自宅用脱毛器でデリケートゾーン脱毛をする時の注意点・コツが5つあります。

自宅用脱毛器でデリケートゾーン脱毛をする時の注意点・コツの1つ目は「高出力の方が効果的/段階的に出力レベルをあげる」です。

デリケートゾーンは脱毛部位のなかでもとくに痛みが強いと感じやすい場所です。

また、痛みと同時に熱さを感じてしまう人も多いでしょう。

その理由としては他の部位に比べて皮膚が薄かったり、敏感な部位のためです。

そのため、あまり痛みや熱さを感じないためには自宅用脱毛器の出力レベルは最小からスタートしましょう。

最小からスタートして、痛みや熱さを感じないようでしたら徐々に照射レベルを上げて下さい。

やはり効果的には高い出力のほうがあるので慣れてきたら高出力で照射することをおすすめします。

ただ、段階的に出力レベルを上げていくということは忘れないでください。

粘膜部分への照射は避けましょう

家庭用脱毛器でデリケートゾーン脱毛をする時の注意点・コツの2つ目は「粘膜部分への照射は避ける」です。

デリケートゾーンへの照射が可能な自宅用脱毛器でも粘膜(ねんまく)部分への照射はしてはいけません。

なぜかというと、粘膜部分に照射してしまうとやけどや炎症などのトラブルが起きやすいからです。

自宅で個人で脱毛をするにはあまりにも危険ですので自宅用脱毛器では絶対に粘膜部分への照射はお控え下さい。

粘膜部分への照射はサロンやクリニックでもやっていないところがほとんどで、可能なサロン・クリニックでもあくまでも発毛がある部分にしか照射はしてもらえないと言った感じではないでしょうか。

それだけ危険でありますので、自宅用脱毛器では粘膜周辺の照射をする際にも細心の注意が必要です。

最初の数回は全体的に照射しましょう

自宅用脱毛器でデリケートゾーン脱毛をする時の注意点・コツの3つ目は「最初の数回は全体的に照射する」です。

デリケートゾーンは毛が濃くある程度脱毛回数を必要とする部位です。

いきなりピンポイントで照射するというよりかは全体的に照射していきましょう。

全体を照射しながら毛の反応を見ながら脱毛を進めていくことで理想のデザインにすることができます。

ピンポイントで照射してしまうと打ち間違いで残したかった部分に照射してしまう可能性もあります。

またピンポイントで照射してしまうと痛みを感じやすくなってしまいます。

同じところに続けて打つわけですから、肌にダメージを与えやすくなってしまいます。

痛みを和らげるといった意味でも、ピンポイントではなく全体的に照射しながら脱毛を進めていくといいでしょう。

照射しない部位は布や古い下着などで覆いましょう

自宅用脱毛器でデリケートゾーン脱毛をする時の注意点・コツの4つ目は「照射しない部位は布や古い下着などで覆う」です。

デリケートゾーンはただでさえ部位が見えづらく脱毛することが難しい箇所です。

ましてやサロンやクリニックのスタッフのように照射に慣れているかたはほとんどいないかと思います。

そのため、デリケートゾーンを照射する際には照射しない箇所・照射したくない箇所は布などで隠して行うことをおすすめします。

古い下着や古着などで十分でしょう。

そうすることで自宅用脱毛器の操作を誤ってしまってもほかの箇所を照射してしまうというミスをなくすことができます。

古い下着や古着があることで肌への照射を防いでくれるのでキレイにデリケートゾーン脱毛をすることができます。

生理など体調が不安定な時は避けましょう

自宅用脱毛器でデリケートゾーン脱毛をする時の注意点・コツの5つ目は「生理など体調が不安定な時は避ける」です。

デリケートゾーン脱毛に関しては衛生上のトラブルが起きやすいため整理前後や体調が不安定な時は避けてください。

デリケートゾーン以外の部位(鼻下、わき、腕、背中、足など)は生理前後関係なく脱毛をしても問題ないのですが、デリケートゾーンはどうしても衛生面が関係してきます。

ご注意ください。

生理前後の脱毛についてはサロンやクリニックでも対応してもらえないところもあります。

対応は各サロン・クリニックによって変わってくるでしょうが、衛生面ということが関係してくるのでそれだけ対応が難しいと言えます。

ましてや個人で自宅用脱毛器でデリケートゾーン脱毛をの処理を考えている方は十分に注意スべき点と言えます。

VIO脱毛に効果的な家庭用脱毛器

家庭用脱毛器はVIOに効果

VIO脱毛に効果的な家庭用脱毛器を5つ紹介します。

  • 脱毛ラボ ホームエディション:脱毛ラボ
  • ケノン:エムロック
  • トリア パーソナルレーザー脱毛器4X:トリア・ビューティー・ジャパン
  • LAVIE:ラヴィ
  • シルクエキスパートPro:Braun

どの自宅用脱毛器も知名度があり、当然デリケートゾーンの脱毛にも対応しています。

照射パワーの調整ができたり、多くの方がすでに愛用しているので実績もあります。

自宅でVIO脱毛を考えている方はここで紹介した5つの中で自宅用脱毛器を選べば失敗はしないでしょう。

【脱毛ラボ ホームエディション】脱毛ラボ

VIO脱毛に効果的な自宅用脱毛器は5つあります。

VIO脱毛に効果的な脱毛器の1つ目は脱毛ラボ「脱毛ラボホームエディション」です。

脱毛ラボは脱毛サロンを運営しており、全国展開しているサロンです。

脱毛ラボホームエディションは脱毛サロンから生まれた自宅用脱毛器になります。

モデル・タレントの藤田ニコルさんを起用して宣伝にもかなり力をいれているお店です。

脱毛ラボホームエディションはサロンと同じパワーで照射できるため、自宅にいながらもサロンと同じような脱毛をすることができます。

「サロンで脱毛を受けたいけど、近くにサロンがない…」そんな方にはうれしい脱毛機と言えるでしょう。

冷却クーニング機能もついているので照射後のケアも同時に行ってくれます。

自宅用脱毛器ではよくある定期的にカートリッジを交換する必要もありません。

追加購入する必要がないのでお得に使うことができます。

【ケノン】エムロック

VIO脱毛に効果的な自宅用脱毛器の1つ目はエムロック「ケノン」です。

ケノンのエムロックは楽天市場やYahoo!ショッピングのランキングで、「脱毛器」ランキングの枠を超えて1位を獲得するほど人気の脱毛器です。

「家電」1位:2020年(楽天市場)

「全商品」1位:2020上半期(Yahoo!ショッピング)

このランキングをみるだけでケノンのエムロックが人気の自宅用脱毛器だということがわかるでしょう。

ケノン・エムロックの特徴はなんといっても日本製だという点。

日本人の肌質や毛質に合わせて作られています。

そのため「痛くない」という感想が多数あります。

ケノン・エムロックは女性だけではなく、男性にも愛用されている自宅用の脱毛器です。

>>【ケノンの口コミ】家庭用脱毛器の効果とレビュー

【トリア パーソナルレーザー脱毛器4X】トリア・ビューティー・ジャパン

VIO脱毛に効果的な自宅用脱毛器の1つ目はトリア・ビューティー・ジャパン「パーソナルレーザー脱毛器4X」です。

もともとアメリカで設立されたトリアは、パーソナルレーザー脱毛器4XにおいてアメリカのFDA(日本でいう厚生労働省)の許可を受けている製品です。

そのため安全性は証明されています。

パーソナルレーザーシリーズは全世界で累計500万台を突破しており、楽天「美容・健康家電 シェーバー・バリカンランキング」で1位を獲得。

パーソナルレーザー脱毛器4Xは多くの女性誌はもちろん、CanCanやUp PLUS、LEE、MOREといった男性誌にも掲載されており購入者の4割が男性とのこと。

男女ともに人気の自宅用脱毛器と言えます。

カートリッジの交換や追加コストがかからないのでコスパ良し。

操作はボタンひとつででき、1台で全身照射が可能です。

【LAVIE】ラヴィ

VIO脱毛に効果的な自宅用脱毛器の1つ目はラヴィ「LAVIE」です。

LAVIEの光エステ脱毛器LAVIE(ラヴィ)は日本製の自宅用脱毛器。

光エステ脱毛器LAVIE(ラヴィ)が使用できる箇所は顔から足は当然、VIOにも対応。

全身をこれ一台で脱毛することができます。

パワーを1から7段階で調整が可能なので、肌のコンディションや脱毛をしたい部位、性別や年齢によってパワーを選ぶことができます。

多くの方に対応できる自宅用脱毛器。

  • 女性特有の細くて柔らかい毛
  • 男性特有の濃い剛毛
  • お子様にも

幅広い方のケアに対応することができます。

110gと軽量で1.8mの長いコードなので使いやすい自宅用の脱毛器と言えます。

【シルクエキスパートPro】Braun

VIO脱毛に効果的な自宅用脱毛器の1つ目は脱毛Braun「シルクエキスパートPro」です。

BRAUNのシルクエキスパートはVIOにも対応している自宅用脱毛器で、「顔からつま先まで最長6ヶ月、全身ツルすべ肌へ」とうたっているように高い脱毛結果が得られると大々的にアピール。

もちろん個人差はでるでしょうが、ここまでハッキリと結果について記載している会社もありません。

それだけBRAUNにとって、シルクエキスパートは自信のある商品ということでしょう。

シルクエキスパートには自動調節機能がついてあり、肌色に合わせてパワーを10段階のレベルで自動で調節してくれます。

いちいち照射する部位によってパワーを変える手間がいらないので簡単にさまざまな部位を脱毛することができます。

VIO脱毛に効果的な家庭用脱毛器まとめ

この記事ではVIOに効果的な家庭用脱毛器を5つ紹介しました。

  • 脱毛ラボ ホームエディション(脱毛ラボ)
  • ケノン(エムロック)
  • トリア パーソナルレーザー脱毛器4X(トリア・ビューティー・ジャパン)
  • LAVIE(ラヴィ)
  • シルクエキスパートPro(Braun)

効果的な家庭用脱毛器以外にも、VIOにおすすめの家庭用脱毛の選び方やデリケートゾーンの脱毛方法、注意点やコツも紹介しました。

最適な家庭用脱毛を選び、脱毛方法や注意点やコツを理解しておけば自宅でもデリケートゾーンの脱毛が可能です。

「スタッフとはいえ、デリケートゾーンを見られるのはちょっと…」というかたもいるのではないでしょうか。

家庭用脱毛器があれば人の目を気にすることなくデリケートゾーンの脱毛が可能です。

タイトルとURLをコピーしました