【家庭用脱毛器の頻度】いつから?脱毛器の間隔ややりすぎは?

家庭用脱毛器 頻度 脱毛

家庭用脱毛器メーカーごとの使用頻度のまとめ

家庭用脱毛器の頻度

家庭用脱毛器を販売しているメーカーはたくさんあります。

ただしメーカーによって決められている使用頻度も当然変わってきます。

どのくらいの頻度で脱毛をしていけばいいのか、やはり気になる部分ではないでしょうか。

家庭用脱毛器を選ぶ上でとても大事な部分です。

ここでは、

  • 各種メーカーがどのくらいを使用頻度を推奨しているのか(一般的な推奨を紹介)
  • 家庭用脱毛器を毎日使用することはできるのか?効果はあるのか?(頻度)
  • 使用頻度を無視しして、毎日など使用することはできるのか
  • 脱毛を継続していくと間隔やペースにどのような変化が生まれてくるのか

まとめました。

多くの脱毛器は1~2週間に1回の使用を推奨している

家庭用脱毛器のメーカーごとの使用頻度ですが、多くの脱毛器メーカーでは1~2週間に1回の使用を推奨しています。

  • 光エステ脱毛器 LAVIE(LAVIE):2週間に1回
  • 脱毛ラボホームエディション(脱毛ラボ):2週間に1回

家庭用脱毛器を販売しているLAVIEや脱毛ラボでは2週間に1回程度の使用を推奨しています。

ちなみに、この2週間に1回というのは家庭用脱毛器を使い始めたときです。

徐々に毛も薄くなって来るので使用頻度はだんだんと空いていき、間隔・ペースも減ってきます。

また、脱毛サロン「ミュゼ」のコラムでも使いはじめの3ヶ月くらいは1週間に2回程度することをおすすめしています。

メーカーによって若干推奨する使用頻度は変わってきますが、最初2~3ヶ月は1~2週間に1回程度の使用を推奨しています。

毎日の使用はお肌への負担が大きいのでNG

家庭用脱毛器があるとどうしても自宅で手軽に脱毛ができてしまうので、「毎日使って早く脱毛をしよう」と考えてしまうかもしれませんが、毎日脱毛することはNGです。

理由は肌への負担が大きいためです。

また、毎日使ったからといって脱毛効果に大きな変化はありません。

結果として、脱毛効果を得られないのに照射回数だけをムダにしてしまいます。

脱毛は毛周期に合わせて行うことで効率よく脱毛をすることができます。

毛周期は成長期・退行期・休止期の3つのサイクルのことをいいます。

脱毛する際には、「成長期」に照射することが大切。

毛の成長期は個人差はありますが、2~8週間に1度の頻度でやってきますので、先程も紹介したように最低でも1~2習慣に1回の使用を目安に脱毛をしましょう。

もちろん、同じ部位でなければ続けて照射をしても大丈夫です。

1日目は足、2日目は腕といった感じです。

継続して使用することで次第に使用する間隔が空いてくる

先程も紹介したように家庭用脱毛器を使いはじめ2~3ヶ月は1~2週間に1回程度の頻度で脱毛することを推奨しているメーカーが多いです。

ただし、ずっと1~2週間の頻度で脱毛をし続けないというわけではありません。

家庭用脱毛器を継続して使用していくと当然脱毛効果が現れてきます。

毛が薄くなってきます。

そうなると次第に使用を減らしていき、脱毛をする間隔も空いてきます。

毛が薄くなってきているのに、いままでと同じ頻度で脱毛をしていても大きな脱毛効果を得ることはできませんし、ただ肌にダメージを与えてしまうたけです。

やけどや炎症をしてしまう場合もあります。

毛の生え具合によって徐々に使用頻度をあけていくことができるので脱毛をする手間も減ってきます。

家庭用脱毛器は毛周期に合わせて照射する!やりすぎはNG!

家庭用脱毛器の頻度

家庭用脱毛器は毎日使用できるものではありません。

※脱毛する部位が違う場合は問題ありませんが、同じ部位への脱毛は一定期間を空けて行う必要があります。

一定期間の間隔を空けるということは、家庭用脱毛器で行う脱毛だけではなく、脱毛サロンやクリニックの脱毛でも同様です。

脱毛は基本的に毛周期に合わせて行っていきます。

毛周期とは毛の生え変わる周期のこと(成長初期→退行期→休止期)。

この周期を無視しし脱毛し続けても、得られる効果が大きくなるわけではありません。

逆に肌にダメージだけを残してしまい、脱毛完了までを遅らせてしまう可能性もあります。

ここでは家庭用脱毛器を使って脱毛をする場合に関係していくる毛周期についてまとめています。

成長期の毛は全体の20%しかありません

脱毛は毛周期(成長期・退行期・休止期)のうち、成長期に照射することで脱毛効果を得られます。

退行期や休止期に照射しても高い脱毛効果が期待できないだけでなく、照射による肌へのダメージでやけどや炎症のリスクもあります。

また、ムダな照射をしてしまうことにもなります。

成長期に照射すべきなのですが、成長期の毛でさえ全体の20%程度にすぎません。

多くの脱毛クリニックでそのように言われています。

  • 20%程度:フレイアクリニック
  • 20%〜30%:ルシアクリニック
  • 10%~20%:クレアクリニック
  • 10%~15%:ビューティースキンクリニック

成長期が来たからと言ってとにかく照射をしたら大きな脱毛効果を得られるものでもなかったんです。

毛周期に合わせて継続的に照射をすることで大きな脱毛効果を得ることができます。

脱毛器の光は成長期の毛にしか反応しない!

脱毛器の光は成長期の毛しか反応しないため、そもそも退行期や休止期に照射しても脱毛効果は得られません。

家庭用脱毛器を含め脱毛器は光を照射して毛根(もうこん)にダメージを与えることで脱毛することができます。

※毛根(もうこん)…毛・ムダ毛だが、皮膚の中に入っている部分をこう呼びます。

脱毛器の光は皮膚のしたのメラニン色素に反応して、毛を作っている毛根に熱を与えることで脱毛効果が期待できます。

脱毛器の光が反応するのが濃くて太い毛です。

濃くて太い毛が生えているのが成長期なわけです。

薄かったり、細かったりすると脱毛器の光が反応せず、毛根にダメージを与えることができません。

濃くて、太い毛が生えている成長期に脱毛機で照射することで脱毛効果が期待できます。

毎日使用しても効果なし!ムダ毛が生えてくる1~2週間間隔で照射しよう

家庭用脱毛器を毎日使って照射しても効果は変わりません。

脱毛は毛周期の成長期に合わせて照射することで脱毛効果を得ることができます。

ムダ毛が生えてくるのは個人差はありますが、1~2週間程度。

脱毛をすべきタイミングは毛周期の成長期なので、脱毛をしはじめたさいは1~2週間の頻度で照射をするといいでしょう。

毛の成長サイクルである毛周期(成長期→退行期→休止期)は部位ごとによっても違いますが、1~2.3ヶ月で周期していきます。

主な毛周期

  • 全顔:1~2ヶ月
  • VIO:1.5ヶ月~2ヶ月
  • ひざ下:1.5ヶ月~2ヶ月
  • ワキ:2~3ヶ月

家庭用脱毛器は脱毛クリニックでしか受けれない永久脱毛よりかは照射パワーが弱いです。

照射パワーの強さなどもあり、家庭用脱毛器では1~2週間の頻度で照射することができます。

毛が薄くなってきたらムダ毛が気になる時だけ使用しよう

家庭用脱毛器を使い脱毛をはじめて間もないときは、成長期にあわせて1~2週間に1回程度照射しましょう。

毛周期に合わせて照射を続けていくとだんだんと毛の量も減ってきます。

そうなっていくと、徐々に家庭用脱毛器の使用頻度も落としてもらって大丈夫です。

ムダ毛がないのに照射を続けても意味がありません。

というか、ムダ毛がなくなってきたのであれば脱毛がうまく行っている証拠なのでいままでのように照射を続ける必要もないですよね。

毛が気になくなりはじめたら、使用を減らしていき気になるときにだけ脱毛機で照射するといった感じにしても問題ありません。

ムダ毛がない状態で照射をしてもそれ以上脱毛効果を得ることはできませんし、ただ肌にダメージを与えてしまうだけになってしまいます。

ムダ毛が減ってきたら状態に合わせて使用回数も減らして大丈夫です。

家庭用脱毛の使用頻度についてQ&A

家庭用脱毛器の頻度

家庭用脱毛器に関するQ&Aをまとめました。

家庭用脱毛器を使用する際に気になること、心配なこと・不安なこと(使用頻度に関することなど)はそれぞれあるかと思います。

ここでは家庭用脱毛器を購入前に方が気になっているであろう部分をピックアップしました。

  • 家庭用脱毛器を毎日使用した方が早く効果が現れますか?
  • 家庭用脱毛器はどのくらいの期間で効果を実感できますか?
  • 家庭用脱毛器を毎日使用するとお肌にはどのようなダメージがありますか?
  • 1~2週間の間隔を開ける場合はカミソリなどで自己処理が必要ですか?
  • 継続して使用しないと効果はありませんか?

など

そんな心配点や不安点はできるだけ契約前に解消しておいてから購入しましょう。

半信半疑のまま契約してしまってもあとから後悔するだけになってしまうのは嫌ですよね。

毎日使用した方が早く効果が現れますか?

家庭用脱毛器は毎日使用したほうが早く効果が現れるのか。

いいえ、家庭用脱毛器を使い毎日照射したからといって早く効果が現れるわけではありません。

脱毛機で脱毛をする場合、毛周期(成長期、退行期、休止期)に合わせて照射をする必要があります。

照射すべき時期は成長期です。

脱毛器から照射される光を毛根(皮膚に埋まってしまっている状態の毛やムダケのこと)に光を当てることで脱毛効果が期待できます。

そのため、退行期や休止期に脱毛機で照射しても脱毛効果は期待できませんし、逆に皮膚にダメージを与えてしまうだけでやけどや炎症などのトラブルに繋がりかねません。

脱毛しはじめの頃は、1~2週間に1回程度の頻度で照射するといいでしょう。

どのくらいの期間で効果を実感できますか?

家庭用脱毛器を使って脱毛をすると、どのくらいの期間で効果を実感できるのか。

1回目の照射から効果を感じる方もいれば、2~3ヶ月で効果を実感される方。

もしくはそれ以上かかってしまう方もなかにはいます。

毛の状態や生え方、量などによって変わってくるので個人差があります。

また部位によっても効果がでる期間は変わってきます。

太くて濃い毛が生えている脇やVIOなどは脱毛効果が実感しやすい部位です。

一方、薄くて細い毛が生えている背中、腕、お腹周辺は効果を時間しにくい部位です。

そのため一概にはどのくらいの期間でということは難しいところであります。。

一般的な家庭用脱毛器の仕組みとしては脱毛サロンと同じ光脱毛です。

脱毛サロンでは脱毛が完了するまでの期間が1年間~2年くらいが目安とされているようです。

毎日使用するとお肌にはどのようなダメージがありますか?

家庭用脱毛器を毎日使用してしまうと、やけどや炎症、乾燥による赤みやひりひり感などのダメージが考えられます。

家庭用脱毛器で脱毛する場合は、使い始めは1~2週間の頻度で照射することを推奨しているメーカーが多いです。

毎日照射しても、それに比例して脱毛効果が上がるわけではないですし、逆に肌への負担が大きくなりやけどや炎症、赤み、ひりひり感といった肌へダメージを与えてしまいます。

もちろん、昨日とは違う部位であるのであれば毎日照射をしても問題ありません。

例えば、「昨日は腕を脱毛したから今日は足を脱毛しよう」。

というのであれば、照射する部位が違いますので肌へのダメージもありません。

同じ部位を毎日照射し続けると肌へのダメージがあるので注意が必要ということになります。

1~2週間の間隔を開ける場合はカミソリなどで自己処理が必要ですか?

家庭用脱毛器で脱毛をしていて1~2週間の頻度を開ける場合はカミソリなどの自己処理をしてはいけないことはありません。

ただ、脱毛予定まで2週間空くからといってその間毎日自己処理をしてしまうと自己処理により肌を傷つけてしまう場合もあります。

あくまでも適度に自己処理をすることがいいでしょう。

また、自己処理の方法としては電気シェーバーなど刃が直接肌に当たらない方法が一番いいです。

カミソリでの自己処理だと、肌の角質まで削ぎ落としてしまったりしてしまう可能性もあります。

角質まで削ぎ落としてしまうと乾燥に繋がったりしてしまい、脱毛器による脱毛効果にも影響を与えかねません。

また、毛抜きやワックスでの自己処理は脱毛中はNGです。

毛根から体毛を引き抜いてしまうと、脱毛機での脱毛に重要な毛周期が不規則なりサイクルが崩れます。

脱毛中は毛抜きやワックスでの自己処理は毛穴や肌への負担も増えてしまうので控えましょう。

継続して使用しないと効果はありませんか?

家庭用脱毛器を使い脱毛をする場合は継続して使用することが前提となります。

ごくまれに一度の照射で大きな効果を得られたという方もいます。

ただ、それは本当にごくまれです。

一般的には家庭用脱毛器を使い定期的に照射することで大きな脱毛効果を得られます。

使い始めは毛周期に合わせ1~2週間に1回の使用頻度で2~3ヶ月続けてみて下さい。

初回の照射から1ヶ月以上は空けるのはおすすめできません。

間隔を空けすぎてしまうと毛根に十分なダメージを与えることができなくなり、脱毛効果が薄れてきてしまいます。

照射を繰り返すことで徐々に照射回数は減ってきますので、最初は照射頻度を守りながら継続して照射していきましょう。

照射を継続していくことで、次第に照射間隔(頻度)は長くなっていきます。

ずっと継続しないと行けないわけではないので最初だけは意識的に継続してみてください。

家庭用脱毛器の使用頻度のまとめ

この記事では家庭用脱毛器の使用頻度についてまとめました。

家庭用脱毛器で脱毛をする場合には、使い始めは1~2週間に1度の頻度で照射をしていき徐々に照射間隔を空けていくことで効率よく高い脱毛効果を得ることが期待できます。

毎日同じ部位を照射し続けたからといって早く脱毛効果を得られるわけではないので注意してください。

家庭用脱毛器の脱毛は毛周期に合わせて脱毛をしていくことで高い脱毛効果を得ることができます。

毛周期に合わせた照射間隔が1~2週間に1回の頻度です。

これ以上間隔を狭めてしまうと、照射により肌への負担だけが増えてしまいやけどや炎症、赤み・ひりひり感など肌トラブルに繋がります。

家庭用脱毛器を使った脱毛では使用頻度を守りながら継続することで高い脱毛効果を得ることができます。

タイトルとURLをコピーしました