【ミュゼプラチナムの予約変更】ミュゼ予約当日キャンセル・効果は?

ミュゼプラチナム 予約変更 脱毛
  1. 【ミュゼ会員の方】ミュゼプラチナムの予約変更・キャンセルの方法
    1. ミュゼの予約変更・キャンセルの方法1・会員サイト
    2. ミュゼの予約変更・キャンセルの方法2・アプリ
    3. ミュゼの予約変更・キャンセルの方法3・電話
    4. 【無料カウンセリング】の予約変更・キャンセルは電話またはWEBで行う
  2. ミュゼは予約変更するとキャンセル料が発生する?ペナルティについて
    1. ミュゼは予約変更やキャンセルのペナルティ(キャンセル料)はありません
    2. 当日キャンセルの場合は該当するお手入れ分が消化され解約時の返金対象にならない
    3. ミュゼは回数保証制度があるため契約期間であればお手入れを受けられる
      1. ミュゼの契約期間について
      2. ミュゼの回数保証制度について
  3. ミュゼの当日キャンセルについて/予約変更・キャンセルはいつまで可能?
    1. ミュゼの予約変更・キャンセルは予約開始時間の24時間前までOK
    2. 当日キャンセルに該当するもの1・お手入れ開始時間までに来店がない
    3. 当日キャンセルに該当するもの2・お手入れ開始時間の24時間前を過ぎてからの変更やキャンセル
    4. ミュゼは会員専用アプリでキャンセル待ちが可能
  4. ミュゼの無断キャンセルはどうなる?
    1. 無断キャンセルの場合は当日キャンセルと同様に見なされる
    2. 無断キャンセルでもペナルティは発生しない
    3. 無断キャンセルをしても次回予約は取れる
  5. ミュゼは生理などで急なキャンセルはできる?
    1. ミュゼは生理でも当日キャンセルと同様に見なされる
    2. ミュゼは生理中はデリケートゾーン(VIO)の施術はできない
    3. 両ワキ+Vライン脱毛完了コースは両ワキのみの施術はできない
    4. 全身美容脱毛コースはVIOの施術のみ別日に振替が可能
    5. 生理中は肌や体調が不安定のため予約変更・キャンセルがおすすめ
  6. ミュゼプラチナムの予約変更・キャンセルについてまとめ

【ミュゼ会員の方】ミュゼプラチナムの予約変更・キャンセルの方法

ミュゼプラチナムの予約変更

ミュゼプラチナムの変更・キャンセルの方法はどういった方法があるのか?

急な用事や仕事が入ったりして、予定日に行くことができなくなった。

そんな時ミュゼで変更やキャンセルをする場合どのようにして連絡をしたらいいのか、ここでは解説していきます。

ミュゼの変更・キャンセル方法は3通り

  • ミュゼの変更・キャンセルの方法1・会員サイト(ミュゼ会員サイト)
  • ミュゼの変更・キャンセルの方法2・アプリ(公式アプリ「ミュゼパスポート」)
  • ミュゼの変更・キャンセルの方法3・電話

また、無料カウンセリングの場合は電話またはWEBのどちらで変更・キャンセルを行う必要があります。

ミュゼの予約変更・キャンセルの方法1・会員サイト

ミュゼプラチナムの予約変更

ミュゼの変更やキャンセルの方法の1つが会員サイトから連絡をする方法です。

ミュゼで脱毛コースを契約すると「ミュゼプラチナム会員サイト」を無料で利用することができます。

脱毛コース契約後にご自身でユーザー登録をする必要がありますが、「ミュゼプラチナム会員サイト」に登録しておくと変更やキャンセルができるだけではなく、会員様限定のおトクな情報やオンラインショッピングも利用できます。

ミュゼで脱毛コースを契約したらすぐに登録しておくと便利です。

無料で登録・利用ができる会員サイトですのでご安心ください。

「ミュゼプラチナム会員サイト」でできること

  • 変更
  • キャンセル
  • 会員様限定のおトクな情報
  • オンラインショッピング

ミュゼの予約変更・キャンセルの方法2・アプリ

ミュゼプラチナムの予約変更

ミュゼの変更やキャンセルの方法の1つがアプリから連絡をする方法です。

ミュゼには会員証機能をもつ公式アプリが存在します。

ミュゼ公式アプリ「ミュゼパスポート」。

公式アプリ「ミュゼパスポート」では、アプリ上から24時間変更・キャンセルができます。

24時間いつでも変更やキャンセルができるので便利です。

また、公式アプリ「ミュゼパスポート」には変更やキャンセルができる以外にも機能があります。

  • 空き状況確認
  • 手続き
  • キャンセルのお知らせ(キャンセルが出た場合に通知が来るシステム)
  • 会員限定のクーポン発行
  • 会員限定の特典あり

変更・キャンセルも簡単にできるアプリがあるので、通うハードルもかなり低くなっています。

ミュゼの予約変更・キャンセルの方法3・電話

ミュゼの変更やキャンセルの方法の1つが電話から連絡をする方法です。

ミュゼには会員専用サイトや公式アプリがあるので、24時間いつでも変更・キャンセルを行うことができます。

ただし、いちいちサイトやアプリにログインして~というのがめんどくさいときもありますよね。

そういったときは電話で連絡をして変更やキャンセルをしましょう。

ネットが繋がらない環境であったも電話なら連絡することができます。公式サイトやアプリからのみの連絡しかできないと少し不安な部分もあるでしょう。

変更・キャンセルの方法

  1. 公式サイトやアプリ
  2. 電話

どちらからの変更・キャンセルができるのでその時の状況に応じて使い分けることができます。

しょっちゅう連絡するわけではないですが、電話番号が乗っていない会社やお店が増えているなか電話ができるという安心感があるのはいいですよね。

【無料カウンセリング】の予約変更・キャンセルは電話またはWEBで行う

ミュゼの脱毛コースの変更・キャンセルは3つの方法がありました。

  1. 会員専用サイト
  2. 公式アプリ(ミュゼパスポート)
  3. 電話

ただし、こういった連絡手段があるのはすでに脱毛コースを契約をしているかたのみです。

まだ契約をしておらず、これから「無料カウンセリング」を受けるというかたは連絡方法が異なりますのでご注意ください。

無料カウンセリングの変更・キャンセルの方法は電話かWEBサイトより行います。

無料カウンセリングの変更・キャンセルの方法

  1. 電話
  2. WEBサイト

都合が悪くなり無料カウンセリングの変更やキャンセルをする場合は電話かWEBサイトより連絡をしましょう。

日程を変更したい場合などは電話の方がスムーズにつぎの日程を決めることができるかもしれません。

>>【ミュゼプラチナムは予約取れない?】アプリで簡単!手続きや空き状況の確認方法

ミュゼは予約変更するとキャンセル料が発生する?ペナルティについて

ミュゼプラチナムの予約変更

ミュゼでは変更を行うとキャンセル料金が発生する?

また、その他にも何かペナルティなどがある?

ミュゼで変更をしても特にペナルティなどは発生しません。

変更やキャンセルの場合は、変更が可能な施術予定日の24時間前までに連絡・手続きをしましょう。

当然、再度手続きをしなおせば契約した回数は施術を受けることができます。

キャンセル待ちを待っているお客さんもいるかもしれないので、できるだけ早めの手続きをお願いします。

ただ、当日キャンセル(施術予定日の24時間を切ってから変更・キャンセル)の場合は、もし解約するとなったら当日キャンセル分は返金対象外となるので注意が必要です。

ミュゼは予約変更やキャンセルのペナルティ(キャンセル料)はありません

ミュゼは変更やキャンセルができます。

基本的には施術予定日の24時間前までに変更・キャンセル手続きをすることで変更・キャンセルが受け付けられます。

ただし、施術予定日の24時間をきってからの変更やキャンセルは当日キャンセル扱いになり、そのお手入れ分が消化されます。

1回分施術を受けることができず減ってしまうということになります。

また、解約時の返金対象にもなりません。

1回施術が減ってしまう&返金対象外にはなってしまいますが、その他のペナルティなどはありません。

変更やキャンセルをすることでキャンセル料などが発生することはないので、その点は安心です。

きちんと期限までに手続きをすると施術が消化されることもないので、予定などが入ってしまった場合には早めに連絡をしましょう。

当日キャンセルの場合は該当するお手入れ分が消化され解約時の返金対象にならない

先ほども紹介したとおり、当日キャンセル(お手入れ開始時間の24時間前を過ぎてからの変更やキャンセル)をしてしまうとお手入れ分が消化され解約時の返金対象になりません。

用事が入ったり、都合が悪くなった場合にはなるべく早く変更・キャンセル手続きをしましょう。

変更・キャンセル手続きの方法としては3つあります。

  1. 公式サイト(ミュゼ会員サイト)
  2. 公式アプリ(ミュゼパスポート)
  3. 電話

電話は営業時間内(受付時間:9:00~18:00(全日))でしか連絡することができませんが、公式サイトや公式アプリだと24時間いつでも手続きをすることができます。

あらかじめ、もしものために会員サイトへの登録やアプリのダウンロードをしておくと良いでしょう。

ミュゼは回数保証制度があるため契約期間であればお手入れを受けられる

ミュゼには回数保証制度があるため、契約期間内であれば契約回数のお手入れをきちんと回数分受けることができます。

急な用事やアクシデントで急遽当日キャンセルをしてしまった場合でも、また別の日に施術を受けることができるということです。

契約の施術回数が減ることはなく、契約期間内であれば契約時の脱毛回数がきちんと受けられる保証制度となっています。

これはお客さんにとっては非常にありがたい保証制度ではないでしょうか。

もちろん、できるだけ当日キャンセルはしないほうがサロンにもスタッフさんにも、他のお客さんにも迷惑をかけなくて済みます。

ただ、急な用事やアクシデントなど仕方がない場合もあります。

そういったときには非常に助かりますよね。

ミュゼの契約期間について

ミュゼの契約期間は一律3年間となっています。

※2016年6月1日以降にご契約されたコースについて

ただし、条件を満たせば最長で契約期間を5年間まで伸ばすこともできます。

条件というのが、契約期間中(2年目~)に「お手入れ」をしたら1年間延長することができます。

また、1年間延長した際に再度「お手入れ」をするともう1年間延長することが可能。

最大で契約期間を最長5年間(3年+2年)まで延長することができます。

1年に1回お手入れにいくだけで最大2年間も延長ができるので、忙しい方にとっても非常にありがたいルールではないでしょうか。

1点注意が必要なのが、契約期間についてはお客様自身で管理をする必要があるということです。

ミュゼの回数保証制度について

回数保証制度により、お手入れは受けていただけます。

当日キャンセルに該当したお手入れ分については、回数保証制度により契約期間内のお手入れはお受けいただけます。

変更・キャンセルは会員サイトからお手続きください。

ミュゼの回数保証制度をもう少し詳しく解説していきます。

「回数保証制度」とは、当日キャンセルに該当したお手入れ分についても契約期間内であればお手入れをしてくれるという制度になります。

当日キャンセルとは施術予定日・日時の24時間をきってから変更やキャンセルをすることです。

通常、当日キャンセルならその分施術回数を1回消化されても文句が言えないところでしょう。

※施術の当日にキャンセルすること

ですが、ミュゼでは当日キャンセルをしてしまったも契約通りの施術回数を受けることができます。

ただ、もし途中で解約をするとなった場合に少し注意が必要です。

当日キャンセルはそのお手入れ分が消化されたものとみなされ、 解約時の返金対象にはなりません。

ミュゼの当日キャンセルについて/予約変更・キャンセルはいつまで可能?

ミュゼプラチナムの予約変更

当日キャンセルに該当したお手入れ分の返金はありません。

お手入れ開始時間の 24 時間を過ぎた変更・キャンセルは「当日キャンセル」となります。

「当日キャンセル」に該当するお手入れは、そのお手入れ分が消化されたものとみなされ、 解約時の返金対象にはなりません。以下の場合は、当日キャンセルに該当いたします。

・お手入れ開始時間までにご来店がなかった分のお手入れ

・お手入れ開始時間の 24 時間前を過ぎた変更・キャンセルを行った分のお手入れ

※当サロンの起因による過失によってご予定どおりにお手入れができない場合は、 当日キャンセルには該当いたしません。

ミュゼの変更やキャンセルはいつまでに行わないといけないのか?

当日キャンセルって何?

ここでは、

  • ミュゼの変更・キャンセルはいつまでなら可能か?決まりはあるのか?
  • 当日キャンセルとは?
  • 当日キャンセルに該当するもの1
  • 当日キャンセルに該当するもの2

を解説していきます。

また、ミュゼには会員専用のアプリ「ミュゼパスポート」と言われるものがあり、このアプリでもの変更やキャンセルが可能です。

その他にもミュゼパスポートではキャンセル待ちができます。

他のお客さんがキャンセルをしたら、アプリにてキャンセルのお知らせが通知されます。

こういったアプリをうまく活用することで自分の施術を効率よく進めることができるでしょう。

ミュゼの予約変更・キャンセルは予約開始時間の24時間前までOK

ミュゼの変更やキャンセルは施術開始時間の24時間前までOKです。

24時間前までなら変更やキャンセルが可能なので、

2022/12/1 12:00の施術の場合、2022/11/30 11:59まで

なら変更やキャンセルが変更が可能となります。

  • 予定日:2022/12/1 12:00
  • 変更・キャンセル可能日時:2022/11/30 11:59まで

それ以降のキャンセルとなるとそのお手入れ分が消化されたものとみなされ、 解約時の返金対象にはなりません。

自分にとっても痛いですが、キャンセル待ちをしている方がいるかもしれません。

そういった方が代わりに予定を取れるように変更・キャンセル日時はきちんと守りましょう。

もし逆の立場でキャンセル待ちで予定を取れることがあるかもしれませんよね。

当日キャンセルに該当するもの1・お手入れ開始時間までに来店がない

ミュゼの変更やキャンセルは開始時間の24時間前までに手続きをしたらOKです。

それ以降の変更やキャンセルだとそのお手入れ分が消化されたものとみなされ、 解約時の返金対象にはなりません。

これがいわゆる「当日キャンセル」と言われるものです。

ただ、24時間前までに変更やキャンセルの連絡ができなかった以外にも当日キャンセルに該当するものが2つあります。

当日キャンセルに該当する1つはお手入れ開始時間までに来店がない場合です。

当然といえば当然ですよね。

お手入れ開始時間までに来店がないと、あとの施術の方に影響がでてきます。

ですので、キャンセル扱いとなり解約時にはそのお手入れ分が消化され、返金対象外にもなります。

当日キャンセルに該当するもの2・お手入れ開始時間の24時間前を過ぎてからの変更やキャンセル

当日キャンセルに該当するもう1つはお手入れ開始時間の24時間前を過ぎてからの変更やキャンセルした場合です。

先ほど説明した通り、変更やキャンセルができるのは開始時間の24時間前までです。

それを過ぎてしまうと、基本的には変更やキャンセルはできません。

万が一、24時間前を過ぎてからの変更・キャンセルをするのであればそれは「当日キャンセル」に該当し、こちらもキャンセル扱いとなり解約時にはそのお手入れ分が消化され、解約時の返金対象外にもなります。

以前は、変更・キャンセルの期限が「施術日の前日 23:59まで」だったのでかなり緩くなっています。

もし変更やキャンセルの場合はできるだけ早く連絡をしましょう。

ミュゼは会員専用アプリでキャンセル待ちが可能

ミュゼには会員専用のアプリがあります。

会員専用の公式アプリ「ミュゼパスポート」。

ミュゼパスポートでは変更やキャンセルがアプリ上で行うことができます。

24時間いつでも手続きができるので、自分の都合の良いタイミングで変更をすることができます。

もちろん、変更やキャンセルは「24時間前まで」という決まりは変わりませんが、電話で連絡をする必要が無いので「電話がつながらない」といった不便はありません。

また、ミュゼパスポートには変更やキャンセルの他にもお得な機能があります。

キャンセルのお知らせ(キャンセルが出た場合に通知が来るシステム)

会員限定のクーポン発行

会員限定の特典あり

など、アプリを利用し快適に、お得に脱毛を受けることができます。

ミュゼの無断キャンセルはどうなる?

ミュゼプラチナムの予約変更

ミュゼで無断キャンセルをしてしまうとどうなるのか?

無断でキャンセルするつもりはないけど、急な用事やアクシデントなどで連絡ができないまま、施術をキャンセルしてしまうことになる場合もあるかもしれません。

そんな時、ミュゼでは何かペナルティや罰金などは発生してしまうのか。

無断キャンセルをしてしまった場合のこともあらかじめ知っておきたいですよね。

誰も無断でキャンセルしようと考えてはいないでしょう。

ですが、急な用事やアクシデントだと連絡できない場合もあるでしょう。

あらかじめミュゼで無断キャンセルをしてしまった場合のことも知っておくことで最悪のケースを避けることもできるでしょう。

契約前に「無断キャンセル」のことについてもしっかり理解しておきましょう。

無断キャンセルの場合は当日キャンセルと同様に見なされる

これまでミュゼの変更・キャンセルの手続きについて紹介してきました。

手続きは

  1. 公式サイト
  2. 公式アプリ
  3. 電話

の3つの方法から可能で、「お手入れ開始時間の24時間前まで」の連絡がルールとなっています。

もし24時間前までに連絡ができなかった場合は当日キャンセル扱いになり、解約時にはそのお手入れ分が消化されたものとみなされ、返金対象にはなりません。

では、なんの連絡もせずに来店しなかった場合はどうなるのか?

これは「無断キャンセル」ですよね。

もちろん当日キャンセルに該当し、そのお手入れ分が消化されたものとみなされ、解約時の返金対象にはなりません。

ですが、さすがに無断キャンセルは止めましょう。

スタッフの方に迷惑がかかりますし、他の方に時間を譲るにしてもなんの連絡もないとミュゼ側も対応ができないでしょう。

無断キャンセルでもペナルティは発生しない

なんの連絡もせずに来店しなかった場合は「無断キャンセル(当日キャンセル)」となり、そのお手入れ分が消化されたものとみなされ、解約時の返金対象にはなりません。

ですが、それ以外にはなにもペナルティは発生しません。

なんて優しいサロンなのでしょうか。

無断で来店しなかったにも関わらず、当日キャンセルと同じ対応のみで終わりです。

無断で来店しなかったら、なにか罰則があっても文句は言えないくらいではないでしょうか。

もちろん、急な用事・なにかアクシデントがあったら連絡ができず無断キャンセルとなってしまう場合もあるかもしれません。

その場合は仕方がないです。

ですが、落ち着いたら必ず電話で連絡をしましょう。

まだ施術が残っているならスタッフさんにはお世話になります。

そういった方に迷惑をかけたのにはかわりはありません。

無断キャンセルをしても次回予約は取れる

無断キャンセルも当日キャンセル扱いになるため、解約時にはそのお手入れ分が消化されたものとみなされ、返金対象にはならないだけの対応となります。

そのため、まだ施術回数が残っている場合ですと以降の施術受けることはできます。

手続き方法はこれまで通り、

  1. 公式サイト
  2. 公式アプリ
  3. 電話

から可能です。

ただし、無断キャンセルをしてしまった場合には、一度電話にて謝罪等しておいたほうがいいでしょう。

無断で来店しなかったのはもちろん良くないことですが、それをそのままにしておくほうがもっとよくありません。

これからもお世話になるスタッフさんにはきちんと理由を説明し、お互い接しやすい環境作りは最低限必要です。

「お客さんだからなにをしてもいい」という考えはあまり良くないですよね。

ミュゼは生理などで急なキャンセルはできる?

ミュゼプラチナムの予約変更

ミュゼでは生理などの場合だったら、急なキャンセルでも対応してもらえるのだろうか?

当日、急に体調を崩したりすることもあると思います。

そういった場合でもやっぱり24時間前に連絡していないと当日キャンセル扱いになってしまうのかな。。。

ミュゼでは生理中は基本的に施術を受けれません。

※他の部位ならできないこともないですが、スタッフに相談しましょう。

衛生面の観点から施術を行っていないわけですが、これはミュゼに限ったことではなく多くのサロンでも同じことが言えます。

そのため生理の場合はできるだけ早く変更やキャンセルを行ってください。

もちろん、事前に連絡ができない場合もあるかと思いますが、その場合でもわかった時点でできるだけ早めの連絡をしましょう。

ミュゼは生理でも当日キャンセルと同様に見なされる

ミュゼは生理などで急なキャンセルはできるのか。

残念ながら、ミュゼは生理でも変更・キャンセルの期限を過ぎてしまうと当日キャンセルと同様に見なされます。

基本的には変更やキャンセルは「お手入れ開始時間の24時間前まで」です。

そのため、24時間前までに変更やキャンセルをしておけば問題はありません。

予測ができそうであれば、あらかじめ施術日をズラしておくなどしておけば当日キャンセル扱いになることもありません。

なかなか判断が難しいところではあるとは思いますが、体調を見ながら早め早めの変更やキャンセルをしたほうが良いかもしれません。

「ちょっとくらい見逃してよ」と思う気持ちももちろんわかりますが、やはりある程度ルールを決めておかないとサロン側としては運営が大変になるのでお客さんとしても理解をしておきましょう。

ミュゼは生理中はデリケートゾーン(VIO)の施術はできない

ではなぜ、生理中はデリケートゾーン(VIO)の施術が受けることができないのか。

それはVIOやお尻など衛生面の観点から施術を行っていなかったのです。

これはミュゼに限らず多くのサロンなどでも言えることです。

経血がベッドや脱毛機に付着する可能性が高く、感染症が広がるリスクが高くなってしまうためサロン側としては施術を行っていないのです。

ただし、生理中であってもデリケートゾーン(VIO)以外の部位ですと通常通り施術を受けることができます。

ミュゼにおいて

  • 生理中、脱毛ができない部位:デリケートゾーン(VIO)
  • 生理中でも脱毛ができる部位:デリケートゾーン(VIO)以外

※生理中でも、デリケートゾーン(VIO)以外なら脱毛は受けれますが、ホルモンバランスが乱れダメージを受けやすいのでできるだけ脱毛は控えたほうが良いです。

不安な場合はスタッフによく相談しましょう。

両ワキ+Vライン脱毛完了コースは両ワキのみの施術はできない

ミュゼが初めての方限定のコース、「両ワキ+Vライン脱毛完了コース」はたった100円で両ワキとVIOラインの脱毛が回数無制限で受けることができるかなりお得なコースがあります。

初めての方限定という縛りはあるものの、それに該当する方はこの機会にぜひミュゼで脱毛してみるといいでしょう。

たった100円で両ワキ・Vラインの脱毛が無制限で受けれて追加料金もありません。

ミュゼの脱毛を体験してみたい

本当に効果があるのか試してみたい

という方に最適です。

このお得なコースですが例えば「両ワキのみ」の施術を希望することができるのか。

希望したら、両ワキだけの脱毛も可能なので施術の際にそのように伝えましょう。

ただ、一緒にVラインもできるので一緒にやってもらったほうがよりお得ではありますよね。

※ミュゼにはワキ脱毛のみのコースはありません

全身美容脱毛コースはVIOの施術のみ別日に振替が可能

ミュゼの全身美容脱毛コースにはVIO(デリケートゾーン)も含まれています。

ただし、生理中の場合はVIO(デリケートゾーン)の脱毛はできません。

理由としては衛生面が関係してきています。

生理中に脱毛を行うと経血がベッドや脱毛機に付着する可能性が高く、感染症が広がるリスクが高くなってしまうからです。

生理中であってもVIO(デリケートゾーン)以外の部位なら脱毛はできるので、当日VIO(デリケートゾーン)部分以外の脱毛はして、VIOは別の日に振替をすることができます。

システム上、生理中であればVIO脱毛のみ振替ができるのですが、そもそも生理中はホルモンバランスが崩れダメージを受けやすい状態になっています。

ですので、VIO以外でも脱毛を控えて方が良いと言われています。

ご自分の体調を第一優先に脱毛を受けることが大事です。

生理中は肌や体調が不安定のため予約変更・キャンセルがおすすめ

生理中は肌や体調が不安定のため早めの変更・キャンセルがおすすめです。

そもそもミュゼでは生理中の施術を行っていません。

ご自分のためでもあるので早めの変更・キャンセルをしましょう。

お手入れ開始時間の24時間前までに変更・キャンセルをすると当日キャンセル扱いにもならず変更・キャンセルが可能です。

※お手入れ開始時間の24時間をきってしまうともし解約をする場合、その1回が返金対象外になってしまいます。

もちろん、急に体調を崩したりした場合には当日キャンセルとなってしまう場合もあるでしょうが、その場合でも変更やキャンセル自体は可能です。

そろそろ生理が来る、生理中という場合であれば早めに変更しておくといいですよね。

ミュゼプラチナムの予約変更・キャンセルについてまとめ

このページではミュゼの変更やキャンセルについてまとめました。

ミュゼの変更やキャンセル方法は3通り。

  1. 会員専用サイト
  2. 公式アプリ
  3. 電話

当日キャンセル(手入れ開始時間の24時間を切ってからの変更・キャンセル)だと、もし解約をする場合にその分が消化とみなされ返金の対象になりませんので注意が必要です。

ただ、当日キャンセルであっても契約期間中だと新たに手続きをし直して契約回数分の施術を受けることができます。

無断でキャンセルしてもとくに罰金などのペナルティはありませんが、スタッフやほかのお客さんに迷惑がかかります。

急な用事やアクシデントであっても必ず変更・キャンセルの連絡はして、別日で手続きをし直しましょう。

>>【ミュゼの口コミ】ミュゼプラチナムの脱毛・全身脱毛の効果は?

タイトルとURLをコピーしました